園について - さいたま市南区大谷口 いちご南保育園|社会福祉法人なないろ会

いちご南保育園について

  • img

  • いちご南保育園は、生後6か月から5歳児までの定員135名の保育園です。
    さいたま市内の保育園の中でも比較的大きな約480㎡の園庭には滑り台、砂場、固定遊具があり、自由に遊べる広々としたスペースやゆったりくつろげる芝生広場などに恵まれています。
    園舎内は、床や壁など柔らかな木のぬくもりのなか心地よいお部屋で過ごせる落ち着いた空間になっております。冬は1階各クラスには床暖房になっておりますので、お部屋はエアコンを抑えることで、ほこりや空気の乾燥も比較的抑えることが出来、子ども達の衛生や環境にも気を配っております。

特に「食育」と「体操」に注力しています。
広い園庭の日当たりの良いところには、畑があり夏野菜を育てています。
子どもたちが、畑に水やりや雑草を抜き、野菜をつくります。できた野菜でクッキングもします。
自分たちでつくって食べる喜びはひとしおです。
外部講師による体操教室では運動機能の発達を促すだけでなく、「あいさつ」や「話を聞く姿勢」 「挑戦しようとする気持ち」を身に着けて欲しいと考えています。何事にも、まずは頑張ってみよう!の意欲を育て、褒めることで、自己肯定感を高めていきます。子どもは「できた」 「またやってみよう」とする前向きな気持ちで取り組むことができます。
ちょっとでも出来た!という成功体験から、さらに経験を積み重ねることで自己効力感を高めることが出来ます。

リズムを聞きながら体を動かし表現するリトミックでは、「聴く力」と「音に反応して表現する力」を伸ばし、体を動かしたり、表現する楽しさを感じられるようにしていきます。
楽しく無理なく、自然とたのしく子どもの感性が伸ばせるような保育を目指しております。

2020年より、英語が小学3年生から必修化、小学5年生から教科化します。
保育園では、小学生になった時に「英語の発音が…」や「聞き取り」の習慣ではなく、「英語は楽しい」という気持ちをもって、取り組んでもらえたら嬉しいです。
楽しい…からの第一歩を保育園から学べたら、小学校に行ったら楽しみの教科になってくれたらうれしいです。

保育理念
  • 家庭と保育園が安定した関係を構築し、豊かな人間性を持った子どもの育成をはかる。
保育目標
  • 心身ともに元気な子ども
  • 思いやりのある子ども
  • 自分で考えて行動できる子ども
  • 意欲を持って生活できる子ども
設置主体 社会福祉法人 なないろ会
施設名 いちご南保育園
理事長 三須亜由美
園長 三須亜由美
所在地 〒336-0042 埼玉県さいたま市南区大谷口717
TEL いちご南保育園 048 (882)1234    /    子育て育成支援センター  048 (882) 1400
FAX 048(882)1222
開園時間 平日 7:00~19:00(延長時間含む)
土曜 7:00~18:00
定員 135名
入園対象児 生後半年〜就学前まで

事業概要
医療的ケアのあるお子さまが、専門家の支援を受けながら原則として親子で支援センターに医療的ケアのないお子さまとともに憩いの場として利用されています。気軽に不安や悩みなどの相談ができる場として、少しでも日々の親子の支えになる事を目的としています。
利用対象者
医療的ケア児、医療的ケアのない児  0歳から5歳児(未就学児)
開所日・時間
月曜日から金曜日   9時から17時(予約制)    
 
利用料
無料
実施事業
★親子の広場
運動:屋内ブランコ(感覚統合を目的とする)、トランポリン、マット、トンネル、車、ボーリング等他。
遊び:季節の製作、行事(例:おひなさま、節分、クリスマス、お正月、月見等)
★お誕生日会
★身体計測(身長、体重)、手形、足形をとる。
★個人の手帳を作成し、センターでの製作物を貼る。身体計測値を記録する。
★園庭遊び(園児が使用しない時間帯)
★カフェ相談:お茶を飲みながらリラックスした気分でお話できたらと思います。
・保育園入園に関する事、育児相談、地域の福祉サービス・医療機関に連携。
★看護師の電話相談
・内容はカフェ相談に準ずる。
支援センター担当
★看護師1名・保育士1名

★支援センター利用の際には、マスクの着用お願いします。また、玄関先では、手指のアル
  コール消毒と検温と体調チェックをお願いします。
★子ども育成支援センター内は、皆様が過ごされる屋内スペースやお子様の遊ぶ遊具類は
  厳重に消毒を実施しています
★少しでも、体調がすぐれない場合(微熱、咳、鼻汁等)には支援センターのご利用は御遠
  慮ください。また、御家庭での発熱時は、医療機関への受診をされ診断を受けてください
  感染拡大を防ぐためお互いに、周囲への配慮をし安心して支援センターを利用して頂け 
  ます様御理解、御協力の程よろしくお願い致します。
★初めてのご利用の際には、担当者よりご説明させて頂きます。

★朝夕がすっかりと涼しくなりました。暦の上では秋ですね。コロナ感染は、同様に健康生活に影を落としています。皆様、くれぐれも感染しない日常生活を送ってくださいませ。

★センター入室は10時からとなります。

★カフェ相談や電話相談は 現在ZOOMも実施しています。来所、ZOOMも予約制です。
 下記のメールか直接支援センターにお電話をお願いします。(お子さんとの移動が大変な方や、少しの合間を利用しての相談等)
 相談時間  60分/人  
   kokekko1957@yahoo.co.jp

★直接、来所できない方には、
zoomによる保育も準備しています。気軽にお声かけください。
 

最近、遊具が壊されることがありました。園庭遊びでは、遊具は大切に扱ってください。保護者の方にはご協力よろしくお願いします。

🐶身体測定
 11時から30分くらい、身体測定のみの 方もお受けします。事前予約のお電話を
 お願いします。


🐶園庭遊び
 子育て支援センターの園庭遊び時間は、11時から11時30分までです。

🐶ベビーマッサージと正しいおんぶ紐の使い方の講習を実施しています。実施月は不定期です。順次、ストロベリーレターに注目してください。













ストロベリーレター -2022年10月号

ダウンロード

ストロベリーレター -2022年9月号

ダウンロード

ストロベリーレター -2022年8月号

ダウンロード

ストロベリーレター -2022年7月号

ダウンロード

ストロベリーレター -2022年6月号

ダウンロード

ストロベリーレター -2022年4月号

ダウンロード

ストロベリーレター -2022年3月号

ダウンロード

ストロベリーレター -2022年2月号

ダウンロード

ストロベリーレター -2022年1月号

ダウンロード

ストロベリーレター -2021年12月号

ダウンロード

ストロベリーレター -2021年11月号

ダウンロード

ストロベリーレター -2021年10月号

ダウンロード

ストロベリーレター -2021年9月号

ダウンロード

ストロベリーレター -2021年8月号

ダウンロード

ストロベリーレター -2021年7月号

ダウンロード

ストロベリーレター -2021年6月号-

ダウンロード

ストロベリーレター -2021年5月号-

ダウンロード

ストロベリーレター -2021年4月号-

ダウンロード

事業概要
令和2年4月より、さいたま市において当園が認可保育園として初めて医療的ケア児を受け入れ、モデル事業として事業が開始しました。育成支援を必要とし、集団保育が可能なお子さまをお預かりしています。それぞれが、決まったクラスで担任保育士の協力を得て、担当看護師と一緒に(看護師1対医ケア児1)毎日保育活動を行っています。それぞれの子どもたちの個別性を重んじ、遊び、給食、午睡を行い保育園の年間行事等に参加しています。また、医療的ケア児が関わる専門機関との地域の連携を取りながら、保育環境を整え安心安全保育につなげています。
対象年齢
1歳~小学校入学するまでの年齢のお子さま(未就学児)
保育時間
平日 9時~17時(お子さまの状態に応じて保育をおこないます)
※ 平日のみの保育です。延長はありません。
※ お子さまの状態に配慮し保育時間を設定します。また、配置する看護師の勤務状況によってはご希望に添えない事があります。
休園日
土曜・日曜・祝祭日
受け入れ可能な医療的ケア
★喀痰吸引(気切・口鼻腔) ★経管栄養(経鼻・胃瘻・腸瘻) ★人工肛門 
★カヌラによる酸素療法(心疾患根治している児)
保育の実際
登園は、支援センターとなります。担当看護師が体調チェックをして、一緒に保育室に行きクラスのお友だちと一緒に過ごします(園庭遊び、屋内遊び、おやつ、給食、午睡等)。必要な医療的ケアは随時行います。体調不良時や感染症流行時は、支援センターで過ごすこともあり支援センターには処置室を設置し安静が確保できる環境があります。


お問い合わせ

contact us

入園、見学、採用に関するご質問など、 お気軽にお問い合わせください。


いちご南保育園               048 (882) 1234

子育て育成支援センター    048 (882) 1400

TopPageへ戻る