法人のご案内

~ひとりひとりの個性をたいせつに~
「なないろ会が大切にしたい保育とは」

  • img

  •  「心身共に元気な子ども」「思いやりのある子ども」「自分で考えて行動できる子ども」「意欲を持って生活できる子ども」。子どもの最善の利益を尊重しながら、心やからだも健やかに保育園生活において遊びや生活する中でたくさんの学びを経験してほしいとの思いの保育目標となっております。
     私たち職員は、心地よい生活を園舎で送ることができるよう、健康な心と身体づくりをおこなっています。たくさんの愛情を保育士はじめ職員一同、子どもたちとの信頼関係を構築しながら、生きる力の基礎を育てています。
     生活や遊びの中、たとえば製作や体操教室、お当番など一生懸命がんばってきたことで、頑張る力、最後までやりきろうとする力や意欲が育ってきます。また、お友達と関わる中でのコミュニケーションの成長もあり、思いやる気持ちなどの成長も育まれます。できたらほめる。ほめてもらうと、またやる気がでる!その繰り返しが子どもの成長をぐんぐん伸ばしていきます。いわゆる非認知能力が育ってきます。
     非認知的能力とは、たとえば「目標に向かって頑張る力」「他の人とうまく関わる力」「感情をコントロールする力」などです。その力をどうやって関わってあげられるかです。「ほめて育てるコツ」はここにあります。乳児期は、基本的な生活習慣や良いこと、してはいけないことなどを学びます。幼児期になると友だち関係も広がり、遊びの幅も広がり、学びも多くなりますのでいろんな場面に出会います。一歩一歩進みながらも、振りかえることも必要です。子どもの様子を見ながら、時には見守り・・・ときには励まし、時には職員が言葉をかけてあげて子どもの行動や思いに耳を傾けながら、気持ちに寄り添い、認めながらもどうしたらよいのか、自身が気づけるように、そして自分で考え自分で答えを導き出せるように促していきます。人は環境の中で大きく変化していきます。保育園生活の次には、小学校、中学校、との時期がやってきます。これからたくさんの葛藤の中で行きていく力が養われてくるのです。子どもたちの成長点を常に意識しながら、常に向き合い、子どもたちの生きる基礎を保育園でゆっくりゆっくりと育んでいくお仕事になります。これで良かったのか?と、時には悩むことがあるかもしれません。答えはひとつではありません。「なないろ」のように、子ども一人ひとりに合わせた、指導があるのです。職員は保育士という仕事にホコリをもっています。やりがいは十分にあります。
     子どもの成長を一緒に共感し、一緒に考え、喜び、笑い、共に成長していきましょう!
名称 社会福祉法人なないろ会
所在地 〒336-0033 埼玉県さいたま市南区曲本5-10-6
代表 理事長  三須 亜由美
事業内容 さいたま市内における認可保育園の運営
  • 2005年1月

    社会福祉法人なないろ会を設立

    2005年4月

    にじの城保育園 開設(現在の いちご桜保育園)

    2011年4月

    いちご保育園 開設

    2015年4月

    いちご南保育園 開設

    2016年4月

    いちご武蔵浦和駅前保育園 開設

    2018年4月

    いちごの里保育園 開設

    2020年4月

    いちごの花保育園 開設

家庭と保育園が安定した関係を構築し、豊かな人間性を持った子供の育成を図る。

子どもたちが健全な社会を営むための基礎づくりを培う。

  • img

    心身ともに元気な子ども


  • img

    思いやりのある子ども


  • img

    自分で考えて行動できる子ども


  • img

    意欲を持って生活できる子ども


現在準備中です


なないろ会定款(PDF)

ダウンロード

なないろ会令和2年度決算書(PDF)

ダウンロード

Contact

どうぞお気軽にお問い合わせください

TopPageへ戻る